repair top

ご使用上の注意

株式会社トップ貿易のバッグは各種の天然素材を吟味して使用しています。表面の滑らかさや、暖かみのある色彩・ソフト感などデリケートな仕上げは、しなやかさ、手触りもよい反面、雨、水、摩擦などに弱いという特質があります。
●特に雨や水に濡れると染色がゆるんでお召し物を汚したり、革の持ち味を損なうことがありますので、ご注意ください。
●スウェード・ヌバック等の起毛素材の場合、お召し物との摩擦により、色落ちすることがありますので、特に薄色のお召し物の際には、ご注意ください。

repair02

上手なお手入れ方法

バッグを美しく長持ちさせるには、日頃のお手入れが必要です。
湿気、ホコリ、汚れに気をつけて素材に合ったお手入れをしてください。

ふだんのお手入れ

一般的な天然皮革、合成皮革…乾いた布で軽く拭くようにしてください。
スウェード・ヌバック…多少の汚れでしたら、柔らかい消しゴムで軽く擦ってください。
エナメル…汚れ、ホコリをよく落としてから、シリコン主体のエナメル専用クリームを柔らかい布でまんべんなく伸ばして十分に乾拭きしてください。
爬虫類・パール・メタリックなど…乾いた柔らかい布で拭いてください。
手ヒモ・止め金具…手の汗や汚れが付きやすい個所なので、必ず乾いた布で拭いておきましょう。
●ベンジンやクリームなどは、かえってシミの原因になることがありますので、お避け下さい。

上手な保管法

汚れ、ホコリなどをよく落としてから型が崩れないよう、中に紙などの詰め物をして形を整えてください。薄紙か柔らかい布袋で包んで風通しの良い場所に保管されるのが、長持ちさせる秘訣です。
●ポリエチレン等の袋に直接お入れになると、湿気や気候の関係でカビが生じることがあります。また、衣類用防虫剤の使用も避けてください。
●褪色(色とび)は、すべての染色の皮革に起こることです。特にキレイで明るい色は大きな差異が出ます。これは現在の鞣し染色の技術では致し方ありません。

雨に濡れた時のお手入れ

雨や水に濡れてしまった時には、速やかに柔らかな布で押さえるように拭き取ってください。
純白紙などを詰めて型を整え、陰干しをして速やかに乾燥させてください。
いつまでも濡れたままにしておくと革にムラができることがあります。